1. HOME
  2. ブログ
  3. 料理とワインのペアリング【鮎】

料理とワインのペアリング【鮎】

“プラートビアンコ”は北イタリア、エミリア・ロマーニャ州の白ワイン。
Torre Fornello トッレ・フォルネッロという生産者は、伝統を踏まえつつ前衛的なワインを造ることを得意としています。
このワインは白い花やマスカット、ライチのようなアロマティックな芳香を持ちながら、酸味がしっかりしているため甘く感じず、黄色い柑橘のようなアフターのためバランスが取れています。
マルヴァジア・ディ・カンディア・アロマティカ(←長い…)というこの地域固有の品種の個性が存分に発揮され、ソーヴィニヨンブランとシャルドネが清涼感とキレの良さを補っています。

今まさに旬を迎えている鮎とは抜群の相性。
鮎は塩焼きにして、肝ごと食べることが多いかと思います。
やや粘性もあるワインなので、肝の苦味を甘味で優しく包み込み、かつ身の部分はスダチを絞るようにさっぱりと引き立てます。
丸ごとコンフィで頭まで食べる時も、バッチリです。
ポー川支流に位置するワイナリーなので、淡水魚合わせは国境を越えてローカル感ありますね。
旬の食材とワインを合わせて、日本の夏を楽しみましょう。

Food styling: @aya.hayashi (instagram)

▼お買い物はリンクから🛒
https://grande-sam-online.com/

直営オンラインショップ、夏のワイン特集第2弾〈向日葵〉は8/5までの予定。目ぼしいものは今のうちに。

米山

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。