1. HOME
  2. レンティレス カンノナウ・ディ・サルデーニャ
レンティレス カンノナウ・ディ・サルデーニャ 画像

Binzamanna Rentiles Cannonau di Sardegna DOC

ビンツァマンナ レンティレス カンノナウ・ディ・サルデーニャ

シチリアに次いで二番目に大きい島サルデーニャ北部のマルティスで、夫婦が立ち上げた小さなワイナリー。

「レンティレス」はその語源は不明ですが、当ワイナリーの近くの古い地域名を指します。エチケットにはワイナリーのロゴにもなっている教会の遺跡がデザインされています。

サルデーニャワインの名物の一つであるカンノナウは、フランスではグルナッシュ、スペインではガルナッチャと呼ばれますが、地中海に浮かぶ島特有の環境のため、サルデーニャ独自の味わいを体現していることで知られています。

透明度が高い色合いにも関わらず、アルコール度数は高め。地中海の島らしいたっぷりの果実味は凝縮感がありますが、甘ったるくなく、程よい酸味を残しているので、エレガントな印象。しっかりとした渋味とスパイシーさはカンノナウらしく、ステンレスタンク熟成とは思えないボディがあります。

容量 750ml
生産者 ビンツァマンナ
生産地 イタリア/サルデーニャ州
格付 DOC
タイプ 赤 フルボディ
品種 カンノナウ100%
醸造 18-20℃に保ったまま圧搾、その後徐々に温度を上げてアルコール発酵。ステンレスタンク熟成。
おすすめ料理 肉料理、特に羊肉、馬肉、サルシッチャ。スパイスを利かせた煮込みは、肉ではなくても魚介も相性が良いです。マグロなど赤身魚のステーキは胡椒をしっかりとまぶして。
サービス温度 18‐20℃