1. HOME
  2. ヴィーニャ・ヴァラガッツァ ピノ・ネロ
ヴィーニャ・ヴァラガッツァ ピノ・ネロ 画像

Marchesi Pancrazi Vigna Varagazza Pinot Nero

マルケージ・パンクラツィ ヴィーニャ・ヴァラガッツァ ピノ・ネロ

サンジョヴェーゼと間違えて植えてしまったピノ・ノワールの飲み頃ヴィンテージ。偶然の産物がトスカーナの奇跡に。

1975年創業で、わずか4ha。最初にサンジョヴェーゼ種を3300株植えたつもりが、15年後、醸造家の友人の指摘でピノ・ネロ(ピノ・ノワール)と判明し、それ以降トスカーナのピノ専門の生産者としてその地位を確立してきました。

ヴァラガッツァはわずか1ha(100m四方)の区画名。その区画のブドウだけを使っています。年間生産量は2,200本のみ。極上のブドウを丁寧に仕込むことで、ポテンシャルを最大限に引き出しています。事実上のリゼルヴァタイプ。リリースがスタンダードより遅く長い熟成を経ることで、溢れんばかりの香りを放ち、果てしない余韻が続きます。華やかさだけでなく、熟成したピノにみられるキノコのような土っぽさ、紅茶のような品の良いタンニン、鰹ダシのような旨味が奥行きを与えています。

容量 750ml
生産者 マルケージ・パンクラツィ
生産地 イタリア/トスカーナ州
格付 IGT
タイプ 赤 フルボディ
品種 ピノ・ネロ100%
醸造 手摘みで収穫。アルコール発酵とマセラシオンを3000ℓのオーク樽で行い、バリック樽に移して12か月熟成。瓶熟12か月以上。
おすすめ料理 スタンダードよりも強い酒質を持つため、赤身の牛肉や鶏・豚・ジビエのグリル、ローストとも相性が良いです。マグロ、カツオといった赤身魚、ブリ、サバといった青魚とも合います。醤油味との親和性が良いので、和食は合わせる幅が広いです。
サービス温度 18‐20℃